用語辞典

お問合せ・お見積り

ネットショップ用語辞典

外部リンク

自分のホームページアドレス(URL)を他のホームページに貼ることを外部リンクいいます。これらは検索エンジン側からは、他のサイトからの投票とみなされていて、その数が多くリンクしているサイトの質が良いほど優秀なサイトだと判断されます。検索サイトは、優秀なサイトを上位に表示しようとしますので、外部リンクは上位表示ための最も重要な要素となります。 ここで言う上位表示とは、ヤフーやグーグルで1~2ページ内に表示されることを意味します。

隠しテキスト

隠しテキストとは、サイト内に目では識別できない大きさのテキスト(文字)を入れる事や、テキストを背景の一部として組み込むことでスパムとして認識されます。 以前まで隠しテキストはキーワードとして認識され、検索結果の上位に表示することも可能でしたが、現在は検索エンジンの発達によりそれらは信用性のないサイトとみなされる可能性が高くなっています。

キャッシュ

ネットワークなどの情報伝達経路において、ある領域から他の領域へ情報を転送する際、転送効率を向上させるために考案された記憶階層の実現手段です。例えば、メモリはハードディスクに比べれば何百倍も高速にデータの読み書きが行えるため、使用頻度の高いデータをメモリ内に保持しておくことにより、すべてのデータをハードディスクに置いた場合よりも処理を高速化することができます。この例だとメモリがハードディスクのキャッシュになります。

クッキー

WEBサイトの提供者が一時的にWEB利用者のコンピュータにデータを書き込む事でデータを保存する仕組みの事。Cookieには訪問した利用者の情報や、訪れた回数、最後に訪問した日を記録しておく事ができます。

クラック

利用者のパスワードなど秘匿されたデータを探り当て、コンピュータネットワークに繋がれたシステムに不正に侵入したり、ネットワーク上の攻撃を行う事です。インターネットの普及と共に、利用者の情報管理意識が薄くなったことで問題が増加している。パスワードは他人に推測されにくいものを選び、複雑化することで被害を少なくすることが出来ます。

掲示板

閲覧するユーザーが自由に意見を投稿、書き込みする事でユーザー同士がコミュニケーションをとれるWEBサイト、またはWEBページを指します。基本的にサイトの開設者がテーマを決め、それに沿った意見をユーザーが書き込むというのが一般的です。専用のプラグラムをインストールする必要がありますが、現在では開設者向けレンタルサービスなどが普及し様々な種類のページがあります。匿名で自由に意見を書き込める事から、議論が白熱しサイトの炎上と呼ばれる現象がしばしば起こります。

コーディング

プログラミング言語を用いて、ソースコードを構築していくこと。「プログラミング」とほぼ同様の意味合いをもつ。設計図を、プログラミング言語を使ってソースコードに置き換える作業の事をさす。また、WEB制作においてデザインを具体的にWEBページとして組み込む作業のことをいう。コーディング作業をする人をコーダーと呼びます。

コーポレートサイト

顧客あるいは見込み顧客、投資家、就職希望者等をターゲットにおき、企業の詳細な情報や商品情報を表示しすることで、ターゲットの信頼を得ることを目的としたホームページのことです。

お問合せ・お見積りフォーム